光脱毛によってシミができてしまうということは基本的にはありません

肌を美しくするために光脱毛を選んでいる方もたくさんいます。しかし、光脱毛によってシミができてしまったという口コミや体験談なども見かけられます。これらの話を聞くと「光脱毛てよくないのかな?」と思ってしまいがち。では実際に光脱毛でシミができることはあるのでしょうか。

 

結論を先に述べると、光脱毛によってシミができてしまうということは基本的にはありません。そもそもシミができる理由というのは紫外線によってメラニン色素が大量に生成される、あるいは定期的に摩擦などで刺激が起こってシミ(色素沈着)になってしまう、というのがほとんど。光脱毛も多少は肌に刺激を与えるものではありますが、毎日のように繰り返すわけではありませんし、紫外線のようにメラニン色素を生成させるような刺激の類ではありません。ですので、光脱毛でシミができるというのは心配する必要のないことです。

 

しかし、光脱毛でシミができる心配はないものの、場合によってはシミのようなものができる可能性はあります。まず最初に考えられるのが火傷。光脱毛は肌に負担を掛けず、痛みもそこまで大きくない脱毛施術です。しかし、使い方を間違えてしまうと火傷を起こしてしまうことも。火傷も順調に治れば問題ありませんが、長引いてしまったり、何らかの理由で炎症などに発展してしまった場合はそれが原因でシミになってしまうこともあります。

 

もしも光脱毛をして肌がヒリヒリしたり、熱がなかなか引かないといった場合は火傷の可能性があります。そこからシミになってしまう可能性もありますのでまずは丁寧に冷やしてあげること。そして保湿ケアを行ってあげることである程度改善することができます。もしも跡が残るような火傷の仕方だったらすぐに医師に相談すること。