不妊治療中の光脱毛はおすすめできません

不妊治療を行っているけれど、光脱毛を使っても良いの?というのはよく耳にする疑問の1つ。確かに、不妊治療をしているからといってムダ毛が気にならないということはないですよね。結論から先にいうと「不妊治療中は光脱毛を受けない方が良い」というよりも「受けることができない」といったほうが正しいかもしれません。というのも、不妊治療中と言うことはこれから妊娠をする可能性があると言うこと。場合によっては一般的な女性と比べて妊娠する確率が高いと言えるでしょう。

 

基本的に光脱毛は妊娠中は利用することができないとされています。もしもエステサロンなどで脱毛施術を受けている最中に妊娠が発覚した場合も光脱毛のコースが中断されるのがほとんど。妊娠がわかっているのにそのまま脱毛施術を行うところは基本的にありません。

 

妊娠するとホルモンバランスがこれまでとは異なる状態になるため、ちょっとしたことで肌に影響を与えてしまったり、場合によっては体調を崩してしまう可能性もあります。不妊治療中はいつもとは違った生活習慣を送っていることが多いでしょうから、当然光脱毛は避けたほうが良いでしょう。

 

別に腕や脚などの部分だったらいいのでは?そう思う方もいるかもしれません。しかし、脱毛をすること自体が問題なのではなく、光脱毛によってどのようなトラブルが起こるのか分らないと言うこと、万が一重大な事態に発展した場合にエステサロン側は責任を取りづらい、あるいは責任をとることができないと言うのも光脱毛を受けることができない理由の1つとなっています。

 

もしも不妊治療をしているときにムダ毛が気になるといった場合は光脱毛以外の方法を選ぶようにしましょう。カミソリやシェーバーなどを使って自己処理をするのは肌にダメージを与えてしまう可能性があります。不妊治療が終わり、出産を終えてから初めて光脱毛を利用するのが無難です。