ほくろを避けて光脱毛をここなうので大丈夫です。

光脱毛は黒い色素に反応する光を照射することでムダ毛を処理しています。つまり、ほくろに対して光脱毛の光を照射してしまうと、熱エネルギーがほくろに集中して火傷を引き起こしてしまうということに。実際、エステサロンでの光脱毛で多く見られる肌トラブルはほくろが原因で火傷が引き起こされるというものが圧倒的です。そのため、エステサロンでの光脱毛ではほくろを避けて行うのが一般的。

 

エステサロンで光脱毛を行っている方ならご存知かと思いますが、脱毛施術の事前準備としてシェーバーなどで短めにムダ毛をカットするように言われるかと思います。これは、光脱毛の効果を高めるために行うだけでなく、エステティシャンがほくろの位置をきちんと確認することができるようにという意味も込められています。ムダ毛が伸びている状態だとほくろが隠れてしまい、気がつかないうちに照射してしまった!ということも十分考えられますよね。

 

実はこれらの症状というのはほくろだけでなく、シミやアザがある場合も同様に起こるリスクがあります。ほくろほど濃いものではないにせよ、十分火傷のリスクはあるといっていいでしょう。

 

ほくろがたくさんできている人もいれば、少ししかない人もいます。少ししかない人ならほくろの部分を避ければある程度丁寧に脱毛をしていくことができます。しかし、たくさんほくろがある場合は避けなくてはならない部分の方が多く、なかなか十分な光脱毛ができないと言うことも。そのような場合は、修正液を塗ったり、絆創膏を貼ったりして直接光がほくろに照射されないように工夫します。

 

ほくろが多くて火傷などの肌トラブルが心配だと言う方は事前のカウンセリングなどできちんと相談しておくこと、万が一のトラブルが起こった時はどのような対処をしてくれるのかを確認しておくことを忘れずに。