光脱毛の痛みは個人差が大きい

多くのエステサロンで導入されている光脱毛。いま最も注目を集めている脱毛方法といっても過言ではありません。光脱毛が注目を集めているのはリーズナブルな料金で広範囲にわたって脱毛することができると言うこと、そして痛みの少ない脱毛方法だと言うことが挙げられます。これまでの脱毛の主流は電気針脱毛でした。毛穴に直接針を差し込んで電流を流すことによって毛穴の組織を破壊し脱毛効果を得ると言うもの。この説明だけでも痛い!

 

光脱毛は仕組みそのものが異なります。ムダ毛に含まれているメラニン(黒い色素)に反応する光を照射することによって、光エネルギーがメラニンに集中。そこから熱エネルギーに変換して毛根部分や、毛穴の周辺組織を破壊します。これで徐々に脱毛をすることができるようになると言うわけです。光脱毛を行って痛いと感じる場合は、毛穴への熱エネルギーによる痛みだと思って良いでしょう。早い話が、毛穴限定で火傷を起こしているようなものです。

 

光脱毛による痛みというのは個人差が強く表れやすいことでも有名。その理由は肌にもメラニン色素が含まれているからなんです。もともと肌の色が黒い人ほど光脱毛が痛いと感じることが多いですし、ワキやVIOラインなど色素沈着が起こりやすい部分もまた光脱毛でも痛いと感じる場合もあります。要は、肌が白い部分は痛みは感じづらく、肌が黒い部分が痛みを感じやすいと言うことになります。

 

ですので、光脱毛を行うときには日焼けは厳禁だと言われています。そもそも、日焼けをすることによって肌がデリケートゾーン状態になり、痛みを感じやすくなるというのも理由の1つ。光脱毛を受けていて痛みが強いという場合や我慢できそうもない場合はスタッフに相談してみましょう。麻酔クリームを使ったり、冷却を入念に行うことによって痛みを軽くすることができます。