妊娠中の方は光脱毛を利用するべきではありません

光脱毛はエステサロンなどで行われている現在最も主流の脱毛方式。短時間で一気に広範囲を脱毛することができるため、仕事帰りなどでも気軽に利用することができ、何かと忙しい方でも気軽に光脱毛で綺麗な肌を手に入れられると評判です。しかし、光脱毛を受けるときに注意しておきたいのが「妊娠中は光脱毛の施術は受けられない」ということ。

 

「光脱毛は母体や胎児に悪影響を与えるの!?」と心配になる方もいるかもしれません。しかし、今のところ光脱毛によって妊娠中の体や子どもに何かしら可能悪影響を与えた!という報告はありません。しかし、妊娠中はそうでない時と比べてホルモンバランスが不安定になりがち。ホルモンバランス不安定になるとちょっとしたことで肌荒れが起こってしまったり、体調を悪くしてしまったりといったことが考えられます。エステサロンとしては安全性の高さが売りの1つでもある光脱毛で妊娠中の方がトラブルを引き起こしてしまうと責任を持つことができません。だから妊娠中の方は断られると言うわけです。

 

実はトラブルが起こるリスクのために断られているだけでなく、妊娠中の間は女性ホルモンの量が一時的に増大します。女性ホルモンは体毛が抜けにくくなる作用がありますので光脱毛の効果が十分に現れにくいと言うのも理由の1つ。つまり、妊娠中の光脱毛はいつもと比べると損をしてしまう可能性が高いと言うことになります。

 

もしも現在妊娠中の方は光脱毛を利用するべきではありませんし、これから妊娠をする予定があると言う方も考えておく必要があるでしょう。また、光脱毛のコースを利用している最中に妊娠が発覚したという場合は、休会を申し込むようにします。ほとんどのエステサロンでは休会に対応してくれます。念のため最初のカウンセリングの時点で休会についても確認しておきましょう!