副作用の少ない光脱毛

光脱毛はそれぞれのエステサロンなどで受けることのできるとても身近なものになってきました。とはいえ、まだまだ新しい脱毛方式となっていますので、症例数が少なく、どのような副作用が起こるのかと言うのは分からない部分もあると言われています。とはいえ、現状としては思い副作用が起こったという報告は特になく、ほとんどは火傷や肌トラブルなどの副作用となっています。

 

光脱毛は安全性が高い、肌への負担が小さいと言われていますが、正しい脱毛施術を行わなければ火傷を引き起こしてしまったり、乾燥肌や敏感肌、さらには減少などのトラブルを起こす可能性があると言われています。きちんと対策を取ることによって防ぐことができますし、万が一これらの副作用が現れた場合も治癒することができるものですのでそこまで重要視されていないというのも実際のところ。

 

また一部ではありますが、まれに光脱毛による脱毛施術を行うことによってムダ毛が太く濃くなる場合があります。これはレーザー脱毛でも起こる副作用の1つだと言われており、十分な出力で施術を行うことができていないと毛穴に対して適度な刺激が入り、そこから毛母細胞が活性化することが原因だと言われています。こちらも正しい脱毛施術に切り換えることによって改善することができるとわかっています。

 

これら以外にもユーザーの間で話題になっている副作用が「光脱毛によって汗の量が増えた」と言うもの。ムダ毛がなくなることによって毛穴が開いてしまうため汗の分泌量が極端に増えているのではないか、と考えている方も多いようです。しかし、光脱毛によって汗の量が増えるという例は見られず、汗が多くなったように感じられるのはこれまではムダ毛が関止めていた部分が自然と流れるようになるためではないかと考えられています。