光脱毛後の肌に紫外線はトラブルのもと

エステサロンで光脱毛を受けているときは紫外線に注意するようにしましょう。光脱毛によって脱毛した後は肌がとてもデリケートな状態に。そのため、外部からの刺激に対してすぐに反応してしまいます。中でも意識しないと対策をとるのが難しいのが「紫外線」です。

 

紫外線は太陽光線に含まれているものの1つで、肌に紫外線が触れることによって活性酸素が大量に生成されるようになります。それがダメージとなって光脱毛で脱毛をした肌に様々なトラブルを引き起こす原因となります。例えば、シミができやすくなってしまったり、炎症を引き起こしてしまったり。ですので光脱毛を行った当日はもちろんのこと、それから1週間以内は極力紫外線を浴びないように注意しましょう。

 

紫外線対策を行う場合日焼け止めを利用すると言う方も多いでしょう。しかし、光脱毛直後は日焼け止めの使用もできれば避けたほうが良いです。日焼け止めはどうしても毛穴に入り込んでしまいますし、いくら刺激の少ないタイプのものを選んだとしても少なからず肌にダメージを与えてしまうもの。また、エステサロンに通う毎に日焼け止めを使用してしまうと光脱毛の効果が十分に現れないこともありますので覚えておきましょう。

 

もしも光脱毛をするときは、エステサロンに出かける前に服装をチェックするようにしましょう。夏でも長袖を。つばの広い帽子を選ぶこと、できればサングラスもあったほうが良いでしょう。可能なら日傘を差して。これらのことを考えると、1年を通して紫外線の量が比較的少ない秋や冬が光脱毛を始めるのに最適なシーズンだといえそうです。もしもこれからエステサロンで光脱毛を利用したいと思っている方はこれらの季節を狙ってみてはいかがでしょうか。